フォークソングは青春の歌

あみんが辿ってきた道

当初は「亜未夢」という当て字が採用される見通しだったのが、誤読されることを踏まえて現在のあみんになったということは有名なエピソードです。
 
2人の女性デュオが奏でる美しい歌声が話題を呼んで日本を代表する歌手へと成長したわけです。
 
その中でも代表曲になっている「待つわ」という曲は、オルゴールなどにも多く収録されるぐらいの人気があり、女心のもどかしさを見事に再現したものに仕上がっています。
さらに、「待つわ」は年末恒例の歌合戦でも披露されて瞬く間に国民的な楽曲として現在にも語り継がれているのです。

 
また「あみん」は名古屋に所縁のあるデュオとしても地元では話題になっています。
全国的な活動をしていても、ふるさとへの想いを忘れていないということがある素晴らしい秘話もあるわけです。
 
また、この曲「待つわ」は近年の歌手たちによってカバーされることも増えています。歌詞の旋律がきれいであるということや思わず口ずさんでしまうような覚えやすいメロディーがこれを支えているのです。
 
今まで述べてきたことより、解散したあみんを今でも思うファンは健在なのです。喫茶店で流れていたあの頃に思いを馳せて、独自の癒しというものを演出していくことも重要となるのです。
 

スポンサーリンク