フォークソングは青春の歌

円広志の大ヒットした「夢想花」について

円広志といえば、その代名詞となっているのが、夢想花という曲でしょう。
この曲は知っているけど歌手が誰だかわからないという人もいるほど、「夢想花」という曲はとても多くの人が知っているポピュラーな曲なのです。
 
円広志はシンガーソングライターとして1978年から活動をしています。
さて。この夢想花ですが、なんと、シングル1枚目でこれだけのヒットを記録したんですから、すごいことですよね。

 
この「夢想花」という曲の特徴は、「飛んで」という言葉です。
この「飛んで」という言葉が何度も何度も繰り返されているのです。その繰り返しのインパクトがとても強く、多くの人々の記憶に残り、親しまれていったといっても過言ではないでしょう。
 
そして、この夢想花の裏話ですが、本人は、歌詞の中で同じ言葉を繰り返すことによって、ヒットが生まれると思ったようでして、この大ヒット曲のあとの曲でも、同様に同じ言葉を繰り返す曲を発売したそうです。
しかし、ほとんど売れなかったようなのです。
 
さて、話は夢想花に戻りますが、当時は音楽番組もとてもたくさんあり、ザベストテンでは、発売の翌年に10位としてランクインしました。
この曲は、その後ロングヒット曲となっていったのです。
 

スポンサーリンク