フォークソングは青春の歌
フォークソングは青春の歌 > 男性シンガー > 受験生ブルース【高石友也】

高石友也の受験生ブルースと青春時代の思い出

高石友也の代表的な「受験生ブルース」は、青春時代の苦い思い出を見事なまでに記した作品であり、昭和を象徴する曲の一つになっています。
 
日本のフォークソング黄金期にあった時期にリリースされた存在であり、ベトナム戦争終結後の閉塞的な雰囲気の中で明るい希望となっていったのです。
また、字余りな曲を迎合るかどうかということで議論に合った中で、「受験生ブルース」は出だしは異端な存在として音楽評論家の間では印象づけられたというエピソードも存在しています。

 
しかし、時代が変化していくことで、その意味合いにも違いが生じていくこととなって、現代まで語り継がれる名曲となっていくのです。
学生時代に蔓延した一連の虚しさや挫折感を大人へどうしたら大人へ理解してもらえるかという部分にもスポットを当てていて、若者の動画再生数にも最近は影響しています。
 
普遍的なテーマが多く、世界共通とも言われている音楽は、時に不思議な力を我々に与えてくれるものなのです。
 
たまには昔の思い出に浸りながら、フォークソングの想いを語っていくということも粋と考えられているため、飲み友達と実践していくことも有効です。
「受験生ブルース」は、間違いない名曲です。
 

スポンサーリンク